林 圭一のFLIP MY MESSAGE Vol.77

スクリューパーツの試作品が来た。

   先週は「シルバーウィーク」ということもあり、お休みをいただきました。
   私事になりますが、私はこの休みに伊勢神宮に行ってまいりました。
                     伊勢神宮

   ある本を読んだのがきっかけで神話、そしてそれにまつわる日本の起源ということに関心
   が湧き、その主役とも言える「天照大御神」を祀っている伊勢神宮を参拝してみたのです。
   行くまでは神聖かつ荘厳な何かを期待していたのですが、着いてみたらものすごい人出。
   この日ばかりはメジャーな観光地と化しておりました。数え切れないほどの人が参拝し、
   それぞれに何かを祈ったり願ったりしている。「こんな大勢の願いを聞くんじゃ、いかに
   カミさまでも大変だ。」としょ一もないこと考えて帰ってまいりました。

   話は変わりますが、私が影響を受けた本、それは小林よしのり著の「天皇論」であります。
   氏は長年に渡り「ゴーマニズム宣言」というシリーズを展開しておりますが、これは漫画で
   様々な社会問題や歴史認識を取り上げ、氏の考えを発露させる読み物です。
   私のような者には、氏の考えやその根拠となる色々な事柄や史料が100%正しいかどうかは
   分かりかねますが、氏の強い正義感、日本という国への誇り、また愛国心には読んでいて
   好感が持てます。今回の新刊「天皇論」以外にも「戦争論」を始めとした大作があり、一読に
   値するものかと思います。
                小林よしのり著 『天皇論』
 


さて、話は再び変わって今度は釣りの話。

     
前回、そして前々回の当コラム(Vol.75,76)で私は新しいジグヘッド「スタンドアップ・シェイキー」について触れてまいりました。この中で申し上げたことの概要は、

・このヘッドは、バランス、ウィードレス性能等申し分ない出来である。
・相手がウィードでも岩でもとても素晴らしきビューティフルなものである。
・ボトムを明確に感じつつ、しかも根掛かりが極めて少ない。よって釣れる!!
・しかしながら、ワームの頭をロックするコイルの使いやすさがイマイチ。

よって新たなパーツを製作することとする。

といったところであります。

あの感動をもう1度、シェイキー&セクシーの動画を見る。



   この新たなパーツのデザインをし、製作用の金型完成を待っていたところ、突然試作品が
   送られてきたのです。この試作品は、いつも金型製作をお願いしている会社の社長さんが
   親切にも作ってくださったもの。曰く、
   「いきなり金型作ると、デザイン的にハズした時が痛いでしょうから、まずは試作品を作っ
   てみました。これで感じ見てもらって間違いなければ金型にしますから。」とのこと。
   半分手作りの試作品にて形状的な精度は不完全なものの、このまま金型⇒量産で構わない
   かどうかを見極めるには十二分な品物であります。この場を借りて御礼申し上げます。

   で、さっそくこの試作品を試してみたら、これが予想通りにイイ感じ。
   今回はこのスクリューパーツ試作品をご覧いただきながらのお別れです。あと2週間も
   すれば、金型からきっちり取ったピカピカの正式パーツをお見せできることでしょう。
   楽しみだなあ一。この話題に関してましては、皆さんもそれまで楽しみにお待ちください。