林 圭一のFLIP MY MESSAGE Vol.130

秋の琵琶湖で活躍中、セクシーインパクト4.8”(4.8SX)。


 

ここのところ、めっきり冷え込むようになりました。今朝(10/27)自宅を出る時の気温は3℃。まわりのモミの木にからまる蔦の葉もすっかり赤く色づき、秋の深まりを感じさせる今日この頃でございます。皆様はどうお過ごしでしょうか。

とか何とか言いながら、私は琵琶湖(南湖)の水温低下が気になって仕方ありません。

なんつったって、水温低下巻き復活モデルⅢ&スイングFAT4.8"大爆発林満足という方程式描いて機が熟すのを待っているのですから。

ここ最近は、琵琶湖に行っても“巻き”ばかり。開発目的とは言いながら、人がひたむきに巻いているのを尻目に、どうもセクシーインパクト4.8"(4.8SX)が釣れてるみたいです、それも結構ハンパでなく…。

と、言う訳で、今週は4.8SXにまつわるお話。それも自分がやったわけでもない、ほぼすべて人から聞いた話で書いてしまおうという、ずるいけどためになる企画です。

 

4.8SXの活躍その1;ノーシンカーのトゥイッチで釣れてるらしい。】

スピニングタックル+#2/0オフセットワームフックでのノーシンカーリグ。これをフサモを主体としたシャローのウィード密集域の際に投げ、軽いトゥイッチをおりまぜながら水面直下をリトリーブ。これがことの外釣れておるようです。トゥイッチをした際、ワームの頭がヒョコッと水面に出るような感じでやる。

以下に標準的なリグをご紹介いたしますが、PEライン0.60.8+3lbs.フロロリーダーといったラインシステムだと、ウィードからも力強く魚を引き出せ、よろしいとのこと。また、ラインとフックの間に小型のボールベアリングスイベルを挟むと、ラインのヨレ防止になります。

これ、とある有名プロガイドの方からの情報。「セクシーのおかげで楽させてもらってます。」との嬉しいコメントをいただきました。

        ■ノーシンカーリグ
         林が考える標準ノーシンカーリグ。フックはデコイ・キロフック#2/0
         頭部にズレ止めストッパーを施す。コアユ接岸の際にはボコボコだった
         ということで、カラーは400 アユでリグってみました。


 

4.8SXの活躍その2;ネコリグで釣れているらしい。】

この情報は、Vol.112にご登場いただいた高橋さんからのもの。何でもその後4.8SXネコの威力に目覚め、虜になってしまわれた方です。で、こうして時折釣果を溜め込んでは一気に大放出メールをくださいます。ご愛用いただき、本当にありがとうございます。

さて、まずは彼の釣果ギャラリー(もちろん4.8SXネコで釣った)をご覧いただきます。


続いてメールを原文のままお届けします。



     50upの一部です。 
     セクシーインパクト4.8"のベイトネコ、最高に釣れます。

 

      ○○ンプネコとの対決でも絶対に負けません。
     このベイトネコ、ちょっとキモがあります。

     ロッド;フェンウィック・スーパーテクナ70CMHJ
     感度が良く小さいアタリも拾えるし、ロングキャストが可能。
     ライン;1214lbs.フロロ
     16lbs.だとフォールスピードが速い?(釣果に差が出た)

      ネイルシンカー1/16oz  キンクーフック1/0

     8mmワッキーチューブ

     6/4掛けではなく、7/3掛けの方がスイム姿勢がいい気がします。

 

     このセッティングで4.8SXを“中層スイミング”させます。

     シチュエーションは、ウィードトップ水面下1.5mのライン。

     ボトムまでの水深は6mでも釣れます。
 

     ロッドアクションは…

     キャストします。着底させます。

     シェイクじゃなく、トントントントンというリズムで竿を立てながらスイミング。

     ラインを巻き取ります。(この時少しフォールします)

 

     仲間もこれまでに3匹のロクマルも4.8SXベイトネコスイミングで捕ってます。

     個人的には434ブルーバックシナモンが一番釣れるような気がします。


と、いうことでありました。ちょっとフックとかチューブが違うのですが、参考までにリグの写真をご覧ください。しかし何ですな、時には巻かへんで、こんなんしてみよかと思わせるものがありますな、実際の話。

■ネコリグ
高橋さん、こんなもんですかね、7/3って。フックはデコイ・カバーフィネス#1/0。チューブは、セクシーフィネス用の特製シリコンリング(通称もげへんリング)をはめてみました。カラーは高橋さんイチオシの434 ブルーバックシナモン。


   

4.8SXの活躍その3;私からのオススメ、フットボールシェイキーはキテる、多分。】

でもって、例えば水温の急激な低下等、不慮の出来事で上記2方式が不発な場合、私としては、以下をオススメしたく存じます。これは、私自身過去十分な実績があり、多分琵琶湖南湖で最も手堅く、ステディな釣果を上げられるリグのひとつかと思います。

 

このリグ、非常にウィードレス性能が高く、ウィードを敵に回さず釣ることができます。

使い方には大きく分けて2通り、それぞれを以下に説明いたします。


・1/32、1/20ozといった軽目のウエイトを使ったドラッギング。ウィードを感じながらズル引き、ウィードからプチッとはずれたら、サッとラインを緩めフリーフォール。これをウィードの背丈が低くなるアウトサイドでやる。スピニングタックル、6lbs.フロロカーボンラインが標準。

 

・1/16〜3/16ozをウィードの状況(密度と硬さ)に応じ使い分け、キャストし、揺する。キャスト後フリーフォールさせ、着底(着藻)。ヘッドをウィードにややスタックさせ、その場で揺する。シェイクというよりも、緩めたラインをロッドティップでプンプンと瞬間的に張る感じ。これもウィードが水面からあまり見えない背丈の低いエリアでやる。

 

■フットボールシェイキー・ジグヘッドリグ
重は1/8oz、軽は1/20oz。共にフックは#3/0。とてもカワイイ、ボクの友達。シーズンを問わず、困ったら出してみてネ。カラーは417 ゴールドフラッシュミノーと426 セクシーシャッド。カラー選定に特段の意味はございません。



いかがでしたか?秋琵琶湖(南湖)4.8SX大全。きっとどれかの方式が、貴方に秋の実りを授けてくれることでしょう。 


   次回は11月5日アップです。