林 圭一のFLIP MY MESSAGE Vol.140

小ネタで失礼いたします。

   今週は、表題の通り小ネタで失礼いたします。

  【セクシーインパクト・フィネス5.5"(5.5XF)ブリスターケース完成。】

   昨年来、太くしたり細くしたり、硬くしたり柔らかくしたりと、ウニウニ開発を続けて

   まいりましたネコリグ用ワーム“5.5XF”。チョン掛けでフルキャストしても、ワームが

   ちぎれて飛ばないよう、特製シリコンリング(通称“ネコリング”とさせていただきます)

   も装着し、万全の仕上がりとなりました。そして昨日このワーム用のブリスターケース

   が出来上がりましたのでご覧ください。

   ケース内でワームが微動だにしない完成度の高い仕上がり。これならクセのない完壁な

   状態でご使用いただけます。赤く帯状に見えるのが“ネコリング”です。さあ、今月下旬

   から量産開始。使い方やカラーの詳細はまた後日ご紹介します。
 

  【死んだ魚の色のワームを作った。】

   ここのところ海外の色々な国からオファーをいただき、輸出することが多くなっていま

   す。国が変われば、当然食べ物やその他の文化も違ってくるのですが、ワームの色に対

   する好みも例外ではないようです。各国とも「あんなの、こんなの」と様々な特注色の要

   望をくださり、それはそれで聞いてて面白いのですが、時にはまったく理解に苦しむよ

   うな色を頼まれたりもします(だから面白いとも言えるのですが…)

   今回ご紹介するのは、シンガポール発、「死んだ魚の色を作って欲しい」という依頼。


   「え一?シンガポールの魚って死んだ魚を食べるのか?」

   「謎だ。しかし忙しいから深く追求しないで作ろ。」


   と言いながら先方の要望を聞きつつ作ったのがこの色。

   「ウム、確かに死臭漂うような妙な色だな。こんなんでイイのかしらん。」

   世界には色々な人がいて、人生色々、釣りも色々なんだな、と思いつつ試作を終えた

   私なのでした。

 


   次回は1月22日アップします。