林 圭一のFLIP MY MESSAGE Vol.143

「死んだ魚の色のワームを作った。」の続報。 (※社員募集のお知らせ)

    Vol.140にてお話ししました、シンガポール向け特注カラー「死んだ魚の色のワーム」に
    ついて、その後分かったことを今週はお知らせします。

    シンガポールのお客様より「死んだ魚の色を作って欲しい」という依頼を受けたことは
    過日申し上げた通り。

    「えー?シンガポールの魚って死んだ魚を食べるのか?」
    「謎だ。しかし忙しいから深く追求しないで作ろ。」

    ということで、その真相を突き止めることなく。やり過ごしていましたら、ある1通の
    メールが・・・。

    「おぉ、シンガポールからの便りじゃ。それも“死んだ魚の色”の真相を知らせてくれて
     おるぞ。どれ、ふむふむ。いやー、世の中は広いものじゃ。ワシなんぞ、まだまだ知らん
     ことだらけじゃ。それにしてもこのお客、ワシのコラムを読んどるんじゃの。熱心なお客
     じゃ。大事にせんといけんのー。」

    というわけで、このメールをなぞって真相をご説明いたします。
 


   拝啓、元気か?林さんコラムに、ワタシが頼んだ“死んだ魚の色”が載って楽しく見た。
   それだから、なぜワタシこのお願いするか、理由を教えるメールします。

   1、ワタシ、ケイテックルアー売る東南アジアマーケット、釣り堀とても多いです。
   2、釣り堀泳ぐは養殖魚。エサに死んだ魚あげます。 
   3、死んだ魚、フレッシュではない。臭い、クサイです。
   4、釣り堀泳ぐ養殖魚、ずっとこれ食べてます。だから皆大好き。
   5、ケイテックルアー、イカ臭いスゴイです。
   6、クサイ、皆大好きです。いいこと。
   7、だから死んだ魚の色のクサイの釣れます。
   8、ワタシ林さん送る見本試したです。
   9、そしたら釣れるスゴイ!!釣れるの5倍です。
   10、だからワタシ、死んだ魚の色のクサイの大好きです
投入前の死んだ魚。
投入中の死んだ魚。
死んだ魚の色のクサイの
みんな大好きです。


    と、いうことだそうです。実に面白い。今後、東南アジア市場でもルアーフィッシングが
    さらに普及し、私共の製品もその一助とになれれば、と願っております。メール、本当に
    ありがとうございました。


   
     社員募集のお知らせ (※こちらの募集は終了致しました。)
   ■サイト名■では、このたび社員募集いたします。
   興味のある方は、下記概要をご確認の上、弊社までお問い合わせください。

   【募集概要】
    勤務地; 山梨県富士河口湖町 (株)ケイテック
    学 歴 ; 不問ですが、義務教育プログラムをしっかりマスターされている方。
    年 齢 ; 28歳まで。
    職 種 ; ワームの製造に関わる業務、及び販売。能力、適性に応じて。

   前回募集と同じことを申し上げますが・・・
   これをご覧になる方は、必然的に釣り好きだろうと思いますが、大変結構。
   ただし、開発業務に携われるとは限りません。
        試作品のテストを含め、毎日釣り三昧というわけにはまいりません。
   しかし、仕事を通して毎日釣りやその道具のことを考えることはできるでしょう。

   以上の件、お問い合わせいただきますれば、詳細は私(林)がご説明いたします。
   私、そして当コラムでもお馴染みのマジ君、ヒラオカと共にワーム三昧の日々を送って
   みませんか?ご応募、お待ちしております。

   ?ケイテック 林 圭一 Tel; 0555-83-2233


   次回は2月10日アップします。