林 圭一のFLIP MY MESSAGE Vol.151

セクシーインパクト・フィネス5.5"(5.5XF)特集3− ワーム本体を語る。

先週はネコリングの有用性についてご説明いたしましたこの特集も今回が3回目。

いくつもの試作品を作り、改良を施しながら、私なりにこだわり抜いたシェイプに仕上がっております。今週は、この辺に関わるこもごもをご披露いたします。

   



  【頭部】

   ネイルシンカーを入れやすいよう、やや太め。ただあまり太すぎても、頭部が水の抵抗
   を受けてたわみ過ぎるので、ほどほどに。


  【上半身】
   上半身の断面は真円。特に頭部先端からフックを掛ける位置(ネコリング位置)までの
   区間の断面は真円であることが大切。その方が無用に片寄った水の抵抗をワームが受け
   ることなく、動きが自然な感じになる。


  【下半身】
   上半身が生み出す“たわみ”の縦運動をリアルな“横振り”フィッシュテールアクションに
   変換するテーパーデザイン。当然下半身は、くびれていて断面は縦偏平。これに頃合いの
   ピンテールが付いているものだから、その生命感といったらたまりません。

 
  【材料】
   やや硬めの調合。よって、やや小刻みで機敏なテールアクション。また頭部も1/8ozくら
   いまでのネイルシンカーを背負える張りを持っています。
   この硬さはボトム上でのズル引きやシエイク、ストラクチャーへのタイトな落とし込み
   など“ボトム密着系”での使用を前提に決定。ネコリグのアップデートなメソッドにジャ
   ストフィットなもの(なに言っとるんじゃ?)となっております。


  【重量】
   本体重量7g。よってネイルシンカーを入れれば、多くの場合7gを超える重量です。
   スピニングでのロングキャストは言うに及ばず、ベイトフィネスでのストラクチャー撃
   ちにも“ゆとり”を感じることができる重量です。
  【比重バランス】
   背中はノンソルティー腹はそこそこのソルティー。よってボトム上では必ずや腹から
   倒れ込むバランス。高精度2色成型は、見た目に麗しいだけでなく、このような機能面
   にも貢献するのです。



  【それでは動画をご覧ください】
  「色々グダグダ言ってるけど、トドの詰まりど一なのよ?」と思っている向きには次の動
   画をご覧いただきたく存じます。ボトムやウィードをほのかに感じ一の、ビビビビッと
   シェイクし一の、ゆっくり歩かせ一の、といった動作がいかに効果的であるか一目瞭然。
   トドの詰まり私にとって釣れるネコリグワームとは、このようなものだったのです。


   つまり、トドの詰まりは、そ一いうことです。


   次回は4月15日アップいたします。