林 圭一のFLIP MY MESSAGE Vol.166

イージーシャッド4”の動画に想うこと。

   先週はイージーシャッド4”(4ES)の主要リグ動画4点盛りをご覧いただきました。

   今週はこれらに私なりのコメントを付けてみます。



  ■ノーシンカーリグ

   ワームとして、最もプレーンなアクションが確認できるリグ。テールの振り幅、よろし。

   テール振りピッチ、非常に密で効率的なのでよろし。ボディロール、いとよろし。

   安定感、メガいとよろし。まったくもって欠点が見当たらない完成度だと思うのですが。

   水面直下を無防備に巻く、スローに水中のストラクチャーにコンタクトさせる、集魚力に

   優れた、使いやすいノーシンカーワームの完成です。


  ■ジグヘッドリグ

   ロールし、チラチラとフラッシュしながら泳ぐ様は、釣り人ならずとも「サカナだ一。」

   言ってしまう納得のでき。その他、ウィードに絡み、はずれた時のフラッシュ&ヒラ打ち

   やそれに伴う機敏なテールアクションは、「もうこれだけでメシ2杯食えますよ。」の世界。

   中層をミドストさながらにタダ巻くもよし、ボトムに絡め、フラッシュ&ヒラ打ちの連打

   で誘うもよし。4ESはきっと貴方好みのジグヘッドワームになってくれるでしょう。

 

  ■テキサスリグ

   見よ、この安定したスイム姿勢。見よ、ボトムコンタクト時のフラッシュ&ヒラ打ち。

   見よ、この的確な着底姿勢。ともすると安定感を失いがちなテキサスリグにおいて、

   この完成度には目を見張るものがあるのではないかと。リフト&フォール、ズル引き、

   スイミング等、およそテキサスリグとしてのあらゆる使い方にマッチ。やはり美人は

   何をやってもサマになる、ということですな。


  ■キャロライナリグ

   ノーシンカーで見せた抜群の安定感は、キャロライナリグでも見事に作用しております。

   この動画では、リーダーがやや短めですが、もっとロングリーダーにして、ゆったりと

   した漂い感を醸し出すのがよろしいか?と林は思ったりします。スーッとオモリを横に

   引いて、パラパラパラッと4ESを動かし、フーッと静止させ漂わす、こうしたテールアク

   ションのON/OFFで食わせるのがキャロの基本。そして4ESは偉大なるキャロ友であります。



   さあ、来週から4ESは出荷開始。今日は初回生産の最終日、クリスタルシャッドを作って

   います。ま一、この色、鮮度の良いコハダみたいでそそられます。今宵は久々に寿司でも

   食べにいこうかしらん。


   次回は8月5日アップします。