林 圭一のFLIP MY MESSAGE Vol.176

ワグ7.5”(仮称)の2次試作品ができた。

   先週の当コラムでご覧いただいたワグ7.5”(仮称)の2次試作デザイン。このデザインを

   用いた2次試作品が完成いたしましたので、今週は現物にて1次、2次を見比べてみて

   ください。


   先週も申し上げましたが、今回のデザイン変更は、ワームのアクションを改善するための

   ものではありません。アクションはすでに大満足の域に達しており、いたずらに触りたく

   ないのです。テールのワイドなアクションといい、それにより誘発されるボディのロール

   といい、マグレとも言える会心の出来なのですから。


   では何を目的にデザイン変更したのか?ズバリ、フックの刺しやすさとワーム全体の

   強度アップのため、と申し上げておきましょう。特にこの度は、ウィードの中をマキマキ

   するということで、ウィードに対する絶対的なウィードレス性能にこだわっているのです。

   この辺の詳細に関しては、今週末琵琶湖にてじっくり試してから(ウラを取って)ご紹介

   しようと思います。


   とにかく、このワグ7.5"(仮称)は、琵琶湖+ウィード+マキマキに特化したスーパー

   アクション&スーパーウィードレスなワームにするんだよ一っ、というつもりで開発

   してまいりますのココロ。

   と、いうわけで、ワグにワクワクな今日この頃なのであります。

   琵琶湖、あんまり釣れてないみたいだけど、きっとワグなら大丈夫。

   ワグ7.5"−2次試作品の吉報を待て。


   次回は10月21日アップいたします。