林 圭一のFLIP MY MESSAGE Vol.177

ワグ7.5”(仮称)が完成した!!

   ハーイ、みんな元気かい?朝晩はメッキリ寒くなってきたけど、風邪なんかひいてない

   だろうね?ボクかい?ボクは元気さ!!もう毎日がブイブイだぜ!!

   みんなもノリノリでハジケまくってくれ!!応援してるぜ、ベイビー!!


   と、私、林がガラにもなくハイテンションなのには理由があります。

   そう、ワグ7.5"(仮称)がついに完成したのです。この週末に琵琶湖で行なったテストにて

   先週のコラムでご覧いただいた2次試作品に、「量産許可」のお墨付きを出しましたことを

   ここに謹んでお知らせいたします。いや一めでたい。

2次試作品にて遂に完成を見たワグ7.5”(仮称)!!
狂喜乱舞のテールアクションを今一度ご覧あれ♪

   司会;「いや一林サン、それにしても電光石火の完成でしたね。」

    ;「ええ、お蔭様で。」

   司会;「確か、たった2回、延べ4日の琵琶湖試釣にての完成だったわけですね?」

    ;「ええ、お蔭様で。」

   司会;「今回の早期完成の決め手となった、その要因をお聞かせください。」

    ;「まず最初に、1次試作品の完成度が極めて高かった、というのがあると思います。」

   司会;「つまり、初手から完成の域に肉迫していたと…。」

    ;「そうです。つまり、私のデザイナーセンスの勝利というか…。」

   司会;「え一、それでは話題を次に進めましょう。」

    ;「………。」

   司会;「それではなぜ、1次試作品を改良し、2次試作品にまで駒を進めたのでしょう?」

    ;「1次試作品で本来意図していたワイドなテールアクションは実現していました。」

   司会;「あ、はい。」

    ;「そのアクションは、ことの外素晴らしく、ボディがロールするというオマケまで

       付いていたのです。」

   司会;「ほほ一っ、なのになぜ、2次試作品にまで駒を進めたのでしょう?」

    ;「それは、このワームに封じ込めたかった、もうひとつの機能を改善するためです。」

   司会;「もうひとつの機能、それはいったい…?

    ;「はい、それはワームのウィードレス性能に関する機能で、PGSと呼んでいます。」

   司会;「PGS

    ;「はい、PGSです。」

   司会;「では、そのPGSについて具体的にお聞かせください。」

    ;「あ、その件は来週ということで…。」

   司会;「それはいったい、なぜ…。」

    ;「来週のコラムネタに詰まるといけないからです。」

   司会;「なるほど、よく分かります。それではこの辺で、本日はありがとうございました。」

    ;「失礼しました。」


   いよいよ佳境に入るワグ談義。PGSの機能やいかに。来週その詳細をご披露いたします。


   次回は10月28日アップします。