林 圭一のFLIP MY MESSAGE Vol.180

マッドワグ7.5”のカラーサンプル披露。その2

   今週は、先週に引き続きマッドワグ7.5“の発売予定カラーサンプル、題しまして
   “2011秋のワグコレクション”後半6色をご紹介いたします。

206 スモークペッパー・シルバー

   マキマキ系ワームとなると、キラキラシルバーに光るカラーも欲しくなる。で、この色。
   奇をてらわないスタンダードカラーなれど、銀ラメを通常より2割程多く配合し、より
   フラッシュが際立つようにしました。これも私にとっては必需かな?

208 ウォーターメロンペッパー・レッド 

   ブルーギルと並ぶ琵琶湖王道力ラー。赤ラメの影響でグリパン化したウォーターメロン
   が何ともそそる。赤ラメは細かいものを多めに配合。ワーム全体を赤めのトーンにして
   います。ウィードと同化しながら、どこか目立つ、そんなイメージの調色です。

210 ウォーターメロンペッパー・ブルー

   琵琶湖では、ことのほかウォーターメロンと青ラメのコンボがウケるらすぃ。
   私;「なんで?」お客さん;「釣れますやん。」私;「ほな、こないな色はどうでっしゃろ?」
   と、いうわけで作ったのがこの色。208と同じ樹脂色(ややライトなウォーターメロン)
   にもかかわらず、青ラメを写しこみここまで青くなるのだから面白い。緑のウィード
   大草原の中で怪しく青光りする、素直に釣れそうな気がします。

211 カモフラージュ

   サハラと呼んでいるシナモン系の樹脂に黒、茶、グリーン、シナモンのラメを複雑に
   あしらった、そそられることこの上ない新色。活発にフラッシュするナチュラル系と
   でも申し上げればよろしいかと。ちなみにこの色は社内でも好評。「あっイイ。」(マジ談)
   「派手地味でエエですやん。自分は使います。」(ヒラオカ談)とコメントいただきました。

306 シナモン・ブルーフレーク

   暗めのシナモンに細かなブルーフレークをビッシリ。ワームのタイプや釣り場を選ばぬ
   21世紀の王道カラー。もちろん琵琶湖にも。この色、マジ・ヒラオカ両名のたって
   の希望によりベンチ入りしました。万が一釣れない場合のクレームは、この両名まで。

308 ミッドナイトブルー

   全国的に見れば、はっきり言って人気カラーとは申せません。でも琵琶湖だったらこの
   ような“濃い味系”はイイと思います。特に大振りなワームに関しては、こうした深い
   インクのような青系は、古くから釣れるカラーとして根強い人気。今回は使うラメも
   インディゴっぽいものを選び、より深い青みを際立たせています。

 
   以上、スタンダードな中にも上質感漂う2011秋のワグコレクションを2週にわたって
   ご紹介しました。こんな早くに決めちゃって、春まで気変わらきゃイイけどっつ一こと
   はあり得ない程の考え抜かれたワグコレクションでした。   
 
 

   次回は11月18日アップします。