林 圭一のFLIP MY MESSAGE Vol.198

オリカラ。

皆さんワームの“オリカラ”ってどこかのお店で見たことありますか?あ、これってオリジナルカラー、つまりそのお店でしか売ってない特注色のことです。

私が営むケイテックでも、釣具屋さんや問屋さんからこうした特注カラーのご相談を受けることがあります。特に最近、こういった話が増えているように思います。

 

「オリカラって作ってもらえるんですか?」
このようなお問い合わせをいただいた場合、原則としてケイテックでは可能な限りお受けするようにしています。それは、せっかくお客さんが私達に要望や期待を持って来られるのですから、それに対し相応の努力をするのは当然のことだからです。

 

こういった考えから、持ち込まれた話に対応しているうちに、随分多くのカラーを作ったものだと思います。ある色は、その地域に合った独自性に富み、ある色は自分じゃ絶対に考えないであろうユニークさに溢れ、ある色はケイテックのラインナップに登用したくなるような完成度を誇ります。

「林サン、こんなの出来ましたが…。」
今やオリカラ試作を一手に仕切るマジ君が持って来た最新の試作品。何やら福島方面のお店のリクエストらしい…。
このような試作品作成は多少の手間はかかりますが、試作品を手にした際のお客さんの楽しそうな様子やその後の懸命な販売努力を感じることができ、これはこれでやり甲斐のある仕事なんですよネ、マジ君。
この後、店員さんは試作品を持ってフィールドに行き、本当に釣れる色になったかどうかをテストし最終的なカラーが決まります。このようにして作られたカラーには、店員さんの近隣の釣り場での釣りに対するこだわりが込められています。そのこだわりを聞いていると使ってもいないうちから、なるほど釣れそうだな~と思わされることもしばしば。
皆さんも店頭にて“オリカラ”を見かけた際には、店員さんにそのカラーに込めたこだわりを是非聞いてみてください。ご自身の釣りにも大いに役立つ情報が聞けるかもしれませんヨ。

   次回は4月6日アップいたします。