林 圭一のFLIP MY MESSAGE Vol.226

ソルティ・コアチューブ4.25”(4ST)は、まもなく発売です。

  もうあと数日で初出荷を迎える4ST。良いものが開発でき、よってこのコラムでも

  繰り返しご紹介し、語り尽くした感がございます。

  そこまでやって来春まで発売しない、というのも何だかオカシイ、ということで

  急遽色限定でこの秋、発売させていただく運びとなりました。

  今週は、この色をご紹介させていただきます。

  

 色を説明する前のお約束

  色を説明させていただく前に、説明の際の言葉使い、つまり部位の名称についてのお約束を

  させていただきます。

  この製品は、これまでも繰り返し申し上げております通り、高精度コアショット製法により

  ワームの外側と内側で材料が異なる"重まんじゅう構造"であります。

  これらそれぞれの部位をまんじゅうに照らして、(外側の材料のことです)」および

  「あんこ(内側の材料のことです)」と呼ぶことといたします。以上お約束です。

皮の黒ラメには大きいサイズのものも入れ、カリフォルニアワームチックなゴロゴロ感を演出。
(筆者注; かなりマニアックな話になっておりますが、読者諸君は諦めず読み続けるように。)
この絶妙な濃さのスモークに、オレンジを絡め品物にした瞬間、社内釣り好きの間からは
地鳴りのようなどよめきが。色の魔術師を標榜する林の面目躍如の瞬間であった。
イメージはもろザリガニ。これがアシ際にスーッと入っていって…、なんて想像した場合でも
「クーッ、たまんねっス。」とならない人は、釣りせんでよろしいってくらい良くできた色。
500スモーキークローダッドがあまりにもよくできた色だったので、これはスモークのみならず
グリパンも作ってみようって試したら、これがアンタ、ま一イイ色だこと。
特に水中に入ると、グリパン越しにくすんだオレンジが際立って、生命感ムワワワワー、です。
ケイテックの先端テクノロジーがグリパンフェチに送る、渾身の1色、お試しください。
  長い旅から戻り、自分の街の灯が見えた時のホッとした気持ち。私はこの色にそんな郷愁を
  感じます。それは、シナモンが誰の目にもしっくり馴染む絶妙な調色だからでしょうか?
  それとも、あんこのブラウンが内臓チックにシナモンに厚みを持たせて、懐かしいあの
  カリフォルニアワームのカスミスペシャルを彷彿とさせるからでしょうか?
  いずれにしても、マディからクリアーウォーターまでコンディションを選ばないエビ系力ラー
  としてご愛用いただければ幸いに存じます。
  単なるシャートリュースペッパーでは終わらせたくない。でもブライトなシャートリュースは
  欠かせない。そんな思いで作り出したのがこの色。どお?この派手地味なハイセンス分かって
  くれる?っつ一感じでしょうか。透明感がありキラキラ光るスカートと奥行きを感じるボディの
  グリーン。この独特のコントラストは、弊社技術をもってしないと作れませんな、と少しだけ
  自慢しちゃったりして。ハマると爆釣するみたいスよ。
 
 
  以上、この秋の4色をご紹介しました。
  来週はこの4色以外、来春の本格的多色展開に向けた様々な試作カラーをご覧いただきます。
  半年前からやっている熱心さというか、ただ好きなだけというか、そういった活動の一端を
  ご紹介いたします。  

  次回は10月26日アップいたします。