林 圭一のFLIP MY MESSAGE Vol.273

リトルスパイダー復活の狼煙(のろし)。

 当コラム「Vol.267リトルスパイダーが復活する(かもしれない)」にて取り上げました

 リトルスパイダーが復活する(かもしれない)の件、このたびリトルスパイダーが復活する

 (かもしれない)(かもしれない)を取り除き、正式にリトルスパイダーが復活するという

 ことでご報告をさせていただきます。

 先週模倣品の話をご紹介しましたが、実はこのリトルスパイダーもアメリカにおいて
 ウルトラ真似オヤジの毒牙にかかっておりまして、真似オヤジ曰く、
 
「ケイテックがリトルスパイダーを廃盤にしました。しかしこのベイトには今もなお強い
 要望があります。つきましては、私共がケイテックに成り代わり製造販売いたします。」だって。

「ケイさん、元気か?ユーがスパイダー作るのやめちゃったせいで、こんな輩が出てきたぞ。
 いいのか?このままでいいのか?マイクより。」

 憤りを隠せないマイクさん(ケイテックUSA代表)よりの"通報"にて発覚したこの事実。
 いやはや、アメリカという国は正義を重んじ成功者を称える、そういった清々しい気風を
 発揮したかと思えば、こんな誇りもへったくれもない盗っ人まがいも多く存在する、
 多民族、多面性の大国なのであります。さのばびっち、真似オヤジ。

 というような事実も作用して、リトルスパイダーの復活に踏み切ることといたしましたが、
 より時流に合ったものを作ろうということで、仕様を一部変更しようと考えています。
 Vol.267でも申し上げた通り、まず使用する材料をゴムっぽい"エラストマー"というものから
 通常のワーム材料に変更いたします。まあ、これら2種類の材料のうち、どちらが好きか
 ということについては、吉野家が好きか、すき家が好きかといった事柄に近く、それぞれ
 皆さんの好みということになるのでしょうが、今回はワーム材料に1票を投じる人の方が
 多いようです。
 これにより必要となるデザイン変更を盛り込み、なるべく早期に立ち上げるつもりでいます。
 

 次回は10月25日アップいたします。