林 圭一のFLIP MY MESSAGE Vol.303

マジガニの話題をさらに深めてまいります。その1

先週はマジガニ3.5"のデザイン、その全容をご紹介いたしました。

今週よりその特徴について、ケイテックが世界に誇るワームデザインの奇才、マジヒサシ君に

語っていただきます。

林 ;「それではマジ君先生、お願いします。」

マジ;「わかりました。それでは皆さん…、」

林 ;「エヘン、ゴホッ、エヘン。」

マジ;あ、林さん、何か…

林 ;「小出しにね。」

マジ;「へっ

林 ;「小出しにしてね。

マジ;何を…

林 ;「ネタを。」

マジ;ネタ

林 ;「そうじゃ。ネタじゃ。」

マジ;………

林 ;「じゃからの一、このコラム続けてるワシにしてみればの一、ネタ探すのがいちばん

やっかいで辛いということくらい、毎週ワシ見てて分かっちょるはずだがの一。」

マジ;「確かに…。」

;「じゃからちぃっとばかし小出しにしてもろての一、回が回、回が回ちゅ一ふ一に

やってもらえると助かるんじゃがの一、ど一じゃろうの一

マジ;「承知しました。」

;「面倒かけるの一。」

マジ;「いえいえ、お安い御用で。というわけで皆さん、今回はマジガニ解説小出し第一弾、

"マジガニ、そのいちばん大事なところ"をお送りします。」

林 ;「そりゃええの一。」

マジ;「まずマジガニのいちばん大事なところは…、」

林 ;大事ってどこがじゃ

マジ;「ウデが激しくバタバタはためくところです。」

林 ;ほ一っ、バタバタとの一。」

マジ;「はい、バタバタとです。」

林 ;「で、それのどこが大事なんじゃ

マジ;「はい、それはまた来週ということで…。」

林 ;「おぉ、それにしてもわれ、細かく出たの一。」

マジ;「ほかならぬ、林サンのためですから…。」

 林 ;いつも面倒かけるの一。
                      マジ君先生の近影。自ら考えたワームで魚を釣る、
                      業界人としての奥義にせまる努力の人。 

次回は7月4日更新いたします。