林 圭一のFLIP MY MESSAGE Vol.358

ストレートワームの開発レポート その2

 皆さんこんにちは。暑さ厳しきおりどうお過ごしでしょうか。

 先週は、どんなストレートワームを開発したいと考えているのか、つまりストレートワームの

 開発方針についてご紹介致しました。今週からはそういった開発方針にちなんで開発そのものが

 どう進んで行くのか、その詳細を随時取り扱ってまいりたいと考えております。


 さて、それでは具体的な話を進めて行く前に、このストレートワームの名前を決めさせて

 いただきたく存じます。ストレートワームのままですと何か話がぎくしゃくするようで

 原稿が書きにくい気がするもので・・・。

 で、名前なのですがイージーシェイカー(Easy Shaker)ということに一旦させていただきます。

 「一旦」と申しましたのは、現段階でこの名前に関する商標的な確認が取れていないという

 事情から、あくまでこれは仮称である、という含みを 持たせたかったということでご理解

 いただきたく存じます。 


 それでは今週は、イージーシェイカー4.5"1次試作品をご覧いただきます。
 
 どうですか? ほぼ全身リングボディ、淀みのない滑らかなテーパー、テールの先端付近では
 リングをほぼ消失させ、水の抵抗を軽減させるあたりオツだと思いませんか。私自身、この
 デザインはなかなかに釣れそうであると思えるのですが、皆さんいかがでしょう?
 さてこれをどういうリグでタンクテストするかというと・・・、
 このようなダウンショットリグにてテストいたします。

 でもって、今週はそのタンクテストの様子を動画にてご紹介しておきます。
 皆さんもこの動画をよくご覧いただき、それぞれに評価を下してみてください。
 私の下す評価は、次回にてご紹介する予定です。



 次回は821日更新いたします。